むくみと腎臓疾患の関係性とリスクについて

むくみが取れずに治らないと悩む方は多いですが、何事も原因を知らないと治す事は難しいものです。

むくみの主な原因としては体内の水分調整機能が上手く働かない事であり、腎臓機能の低下はむくみを作り出す事になり、腎臓によって余分に蓄積する水分ろ過を行えるようになると、体内に水分を溜めこまずにむくみの改善を行う事が可能になります。

腎臓は暴飲暴食によって負担がかかる事になり、加齢と共に酵素分泌量も低下してむくみリスクが高まる事になりますから、お酒を飲み過ぎたり、消化に負担がかかる油物等を主体に食事を取っていると、余分な水分を外部に排泄する事が難しくなるものです。

若い時に暴飲暴食を行ってもむくみは起こりますが、臓器の働きや代謝機能が高いですから改善しやすいですし、中高年以降はむくみが生じるような生活を続けていると、むくみが悪化するだけではなく、他の病気を引き起こすリスクもあります。

顔がパンパンに膨れたり、脚が太って見えたりとむくみは美容面でも厄介なものですから、体の内外からのケアを行う事が有効です。

腎臓機能を高める食生活

なた豆茶

腎臓機能を高める食生活は有益であり、油物や塩分摂取を控えたり、消化が良くて酵素がたっぷり詰まった新鮮な野菜や果物を食べるようにする事は望ましいと言えます。

毎日新鮮な食材を準備するのは大変と言う場合は、サプリメントを有効活用して補填すると良いですし、なた豆茶のように腎臓機能を高めるお茶を活用するのも有効です。

体の循環を高める上で運動を行う事も有益であり、むくみ改善を促す為に有酸素運動を続ける事も望ましく、血流改善や代謝アップに繋がり、顔や体全体のむくみ改善に繋がる可能性が高いと言えます。

こうした内側からのケアを継続する事で体に余分な水分を溜めず、腎臓機能をアップさせる事でむくみ退治や老廃物の排泄を促して、体全体を元気にする事が可能になり、外部からのケアとしてはマッサージを加える事が望ましいです。

顔や足のマッサージを行う事で血流やリンパの流れが良くなり、顔のマッサージはむくみ退治と同時小顔作りにも役立ち、足は先端部から上部に向けてマッサージを行う事で、すっきりと細くする事も出来ますから、風呂上がり等に継続すると効果が高くなります。

体の内外から食事改善や運動、マッサージケアを行う事でむくみは消えていくものです。